助産雑誌9月号に掲載されました

助産雑誌

この度、医学書院より骨盤ケアについて執筆の依頼がありました。
助産雑誌の9月号でAnn-bオーナーであり、日本骨盤ケア助産学会代表でもある小林が骨盤の時代的変化や骨盤ケアのあり方などについて書かせて頂きました。
私の理想は助産師が骨盤ケアについての知識を深め、臨床の現場から妊娠・分娩・産後をトータルにサポートし、女性が健康で美を維持できる環境ができることです。
尿もれ・ガズ漏れ・便漏れなどの症状は決して恥ずかしくはありません。
ごく当たり前のことが社会に認知されていないだけです。
この症状を誘発する吸引分娩や無痛分娩などの様式についても慎重に判断する必要があります。
このような重要な情報の発信を妊娠前から認知することができる社会が私の理想です。