産後いつまでに骨盤矯正した方が良いのか?骨盤矯正の効果と産後骨盤矯正サロンの選び方。

産後の骨盤矯正はいつ?ブログ

骨盤矯正とは

そもそも矯正という意味は、「欠点などを正しく改めさせること。まっすぐに直すこと」と定義されており、歯列矯正では歯並びを整えるという意味を持ちます。
しかし、骨盤矯正では骨盤はもともと可動する関節ですので、まっすぐに固定することは難しく、「歪みを調整する」というイメージを持って頂くと良いかと思います。

なぜ歪みが起きるのか?

結論から言うと骨折や脱臼、側湾症など整形外科的な問題がなければ筋バランスの崩れが原因です。
筋バランスには筋肉のボリューム(筋肉量)、硬さが関係してきます。
筋肉は骨にくっついているので筋肉量や硬さの左右差があると、骨格が引っ張られて歪みを起こし、運動制限などを引き起こす場合もあります。

産後の骨盤の歪みの原因は?

産後特有の原因についてあげていますが、この他にも産後に関わらず偏った筋肉の使い方をすると歪みの原因になります。
□抱っこの偏り(例:右で抱っこすることが多いなど)
□猫背・反り腰など姿勢が悪い(前抱っこでは猫背になりやい)
□横座り・女の子座りをする
□足を組む
□添い乳をしている(いつも右下に寝るなど)
□骨盤に引っ掛けて抱っこする
□ヒールをよく履く
□カバンを持つのはいつも同じ手である

骨盤矯正の効果

痛みの緩和・軽減

恥骨痛や股関節痛など骨格に痛みがある場合でも、その骨にくっついている筋肉が凝り固まって、骨格や関節に痛みを生じているケースが多いです。
筋肉をほぐすことで痛みの緩和・軽減が期待できます。

可動域が上がる

骨にくっついている筋肉が凝り固まると正常な運動を制限し、「肩が上がらない」「股関節が右と左で動く範囲が違う」などの症状を引き起こします。
筋肉をほぐし、筋バランスを整えることで運動制限を正常に戻すことが可能です。

痩身効果

骨盤矯正=痩せるとは考えてはいけません。
上記で示した「可動域が上がる」ということから、正常な運動ができることによって効率的な筋肉運動が可能となり代謝が上がる→痩せやすい身体になる。
筋肉の血流をよくすることで代謝が上がる→痩せやすい身体になる。

というように二次的に痩せやすい身体に導きます。
つまり、筋肉を使ってこそ痩せる、使いやすい筋肉作りが骨盤矯正がもつ痩身効果の意味になります。

産後いつまでに骨盤矯正をした方か良いのか?

「骨盤矯正は産後半年までが勝負!!」というには時代錯誤。
そもそも骨盤の開きに作用するホルモンは産後3~5日で消失するというのが現代医学の見解です。
そのため、産後1週間でも10年でも骨盤矯正の効果に違いはありません・・というのがAnn-bの考えです。

しかし、出産によって骨盤は捻挫したようなダメージを受けています。
上記に示した歪みの原因となる日常生活動作によってダメージをさらに助長し、痛みの原因となったり、骨盤底筋群の機能低下を引き起こす可能性があります。

正しい知識と骨盤底筋群のトレーニングをできるだけ早期に開始した方が良いという観点からは産後半年以内がオススメです。

産後骨盤矯正サロンの選び方

NGな施術

  1. ポキポキと関節を鳴らすのはダメ!
    産後の骨盤は捻挫をしているようなダメージを受けています。
    ポキポキという音は関節内にある空気の破裂音であり、それだけ衝撃が加わっているといことになりますので産後が絶対にNGです。
  2. 施術に痛みがあり、力が入ってしまう。
    一定以上の力で筋肉が損傷を起こす可能性がある場合、人間の防衛反応として防御収縮(無意識に力が入ること)が起こります。力が入っている状態で施術を受けると筋肉は損傷してしまいますので、「全身の力が抜ける圧加減」ということが重要になります。
  3. 骨盤周りしか施術しない。
    骨盤の歪みの原因は骨盤だけでなく、首やs肩、足裏などその方によって原因は異なります。姿勢から調整することが大切ですので全身の施術を受けることが大前提となります。
  4. 暖かいベッドで施術する方がオススメ!
    温熱刺激によって筋肉の血流は促され、柔らかくなりやすいです。
    夏はまだ良いですが、冬に冷たいベッドの上で寒さを感じる場合、いくら上手なセラピストでも施術の効果は半減するといっても良いでしょう。

NGなセラピストの見極め方

  • 骨盤にどのような歪みがあるのかを教えてくれない
  • 歪みの原因となる日常生活動作を教えてくれない
  • 「骨盤が開いている」という→骨盤はミリ単位でしか可動しません
    骨盤の開きは坐骨間のことを示しますが、骨盤自体が開いているという説明をするセラピストは明らかに勉強不足です。
  • 必要以上に来店を勧められる→多くて週に1回を5〜6回の施術で十分かと思います。(痛みのある場合を除いて)

骨盤底筋群ケアがあるサロンを選ぶこと!

最後に一番大切なこと。
産後に本当に必要なケアは骨盤底筋群ケアです。
フランスでは産後の女性に対して100%保険適応で骨盤底筋群ケアを受けることができます。それは出産によって損傷した骨盤底筋群のトレーニングが必要だからです。

経膣分娩をした産婦さんの4~5人に1人は尿失禁を自覚し、更年期を迎えると40%の確立で子宮脱・膀胱脱などに罹患するというアメリカのデータがあります。
骨盤底筋群は臓器を支える役割があるので、この筋力が低下することもポッコリお腹の原因の一つです。
Ann-bでは骨盤矯正はもちろん、この骨盤底筋群のトレーニングを重要視し、最新型のEMSやトレーニング法の指導を取り入れ、女性にとって本当に必要なケアを自信を持って提供しています。

マタニティサロンAnn-b
日本骨盤ケア助産学会 大阪本院
大阪市福島区福島7丁目14−19
福島駅前ビル801
06-6454-0239
https://ann-b.com

関連記事

  1. 抱っこする母

    産後のポッコリお腹の原因は?産後のNG &お勧めトレーニング…

  2. こむら返り予防法ブログ

    妊娠中や産後に足がつるのはなぜ?原因と予防法

  3. 新コーススタート

    10月から新コーススタート!

  4. 両親学級の様子

    両親学級を担当しました

  5. マタニティ整体

    9月限定!マタニティ整体キャンペーン♪

  6. 骨盤ベルト

    妊娠中や産後の骨盤ベルトは本当に必要!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。