助産師の小林です。
今回は緊急帝王切開でご出産されたお客様が抱いていた疑問についてお話ししたいと思います。
妊娠中に必ず担当医に確認してほしい!と感じたこともありましたので、その内容も含めてお伝えします。

緊急帝王切開とは?

帝王切開とはお腹を切って出産することですが「予定帝王切開」と「緊急帝王切開」に分けることができます。

予定帝王切開は、逆子や前置胎盤など妊娠期間中に経膣分娩のリスクが高いと予測された場合に出産日を決めて計画的に手術をすることです。

しかし、緊急帝王切開は母子ともに、あるいは一方が妊娠を継続することにリスクであると急遽判断された場合に、手術することを意味します。

緊急帝王切開は誰でも起こり得る!

「私には関係ない・・」と思わないでください。
妊婦さんなら、誰でも緊急帝王切開を受ける可能性があると覚悟する必要があります。

例えば、順調な妊娠経過であっても突如、血圧が上がってくる「妊娠高血圧性症候群」や、赤ちゃんがお腹にいるのに胎盤が剥がれてくる「常位胎盤早期剥離」などの場合は緊急帝王切開で直ぐに出産しなくてはいけないケースがあります。

また出産途中でも、赤ちゃんの心音が下がり、元気なサインが見られなくなった場合や出産の進行が止まってしまう場合なども緊急帝王切開を選択されることが多いです。

今すぐ医師に確認して欲しいこと

正常な妊娠経過の方も
予定帝王切開の方も以下のように医師に尋ねてください。

「帝王切開をする場合は縦に切りますか?横に切りますか?」

帝王切開には縦切開・横切開があります。
お腹の中で子宮を切開するときには一部の例外を除いて基本的には横切開します。
つまり縦切開・横切開とは、お腹の皮膚の切開方法で子宮の切開方法とは別物なのです。
それぞれの特徴についてお伝えします。

縦切開
縦切開
何と言ってもデメリットは傷が目立つことです。
しかし、医師にとって操作がしやすいというメリットがあり、手術時間が短縮しやすいです。
また筋膜や筋肉の走行に沿って切開するために出血量が少ないのも利点です。

横切開
横切開
デメリットは術野が狭くなるために、手術時間がかかること、出血量が多くなりやすいことが挙げられます。
メリットは女性にとって一番重要な傷跡が目立たない・・と言う一点です。
医師によっては「メリットは美容面だけだから」と軽視して、すぐに縦切開をする方もいます。(実際に見てきました)

結論

一言で表すなら、縦切開は「安全面」横切開は「美容面」です。
1分1秒を争う緊急時には「縦切開」を選択する医師が多いです。

ここで言いたいのは、どちらが良いという選択ではなく
どちらのメリット・デメリットも理解して、出産の心構えをする必要があるということです。

ただ、どうしても「横切開が良い」とお考えであるなら、その旨を妊娠中に担当医師へ伝えなくてはいけません。
横切開では時間を要するデメリットがありますので、先に医師へ伝えておくことで、余裕を持って帝王切開に切り替えることができるかも知れません。
動揺している時に正常な判断は難しいでしょう。
私の率直な意見は、自分の意思を担当医師に伝える重要性を知って欲しい・・ということだけです。

マタニティサロンAnn-b会員登録はこちら

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━

マタニティサロンAnn-b(アンビー)
大阪市福島区吉野1丁目16-15 HERBE福島901
TEL 06-7166-9992
URL https://ann-b.com

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━