妊娠中や産後の骨盤ベルトは必要!?知られていない骨盤ベルトのデメリット

骨盤ベルト

お客様からよくある質問で

「そろそろお腹が大きくなってきたので骨盤ベルトした方が良いですか?」
「産後のために骨盤ベルトを準備した方が良いですか?」
「骨盤ベルトはいつまで付ければ良いですか?」

などと良く耳にします。
そこで今回は骨盤ベルトの知っておいて欲しい知識についてご説明します。

骨盤ベルトの必要性

骨盤ベルトには多くの種類があり、
専門家の間でも装着については賛否両論です。

骨盤ベルトにもデメリットがありますので
妊婦だから-産後だから―という理由だけでは
装着するべきではないと考えています。

私がアメリカの臓器脱の手術を専門とする
ドクターに話を聞いてみると、
「日本人が骨盤ベルトを当たり前のように
装着する意味がわからない」
と話していました。

骨盤ベルトのデメリット

まず大きな問題が筋力が低下するということです。

ベルトはあくまで筋肉の代用ですので、
長期間装着するとベルトに頼った身体になり、
ついにはベルトをしないと歩けない―
という方も少なくありません。
ベルトを装着することで血行も悪くなるため
筋肉に栄養が不足し、
筋肉量は徐々に減少していきます。
まして夜間も巻いて寝ているなんてもっての外です!

痛みなどで骨盤ベルトが必要な方でも
立っているときや動くときなどに限定し
2時間以上は骨盤ベルトを使用しないことをお勧めしています。

骨盤ベルトを使用した方が良い人は?

まずは妊娠中の場合・・・
妊娠すると、赤ちゃんが大きくなっていく際に
骨盤に十分なスペースを確保させるために、
関節を緩めるホルモンが初期から出ます。

また、大きくなるおなかを支えるために、
姿勢も変化していきます。
そのため、元々
筋力が弱い方や、
姿勢が悪い方、
ヘルニアなどの持病をお持ちの方は、
体の変化に筋力がついていけず、
腰痛や股関節痛、恥骨痛などが起こる
(もしくは悪化する)ことがあります。
そのような場合は、

骨盤ベルトを使用して骨盤を固定することで
痛みが軽減されることがあると思います。

次に産後の場合・・・
出産時に骨盤はひどく捻挫したのと
同じような状態になります。
例えば、足首などを捻挫したときなどは、
一定期間固定して安静にすると思います。
それと同じように、
やはり産後の体には安静期間が必要です。

そのため

骨盤ベルトで固定して、
動作時に必要以上に負担がかかるのを
防ぐということは可能だと思います。

しかし、産後の安静で最もよいのは
『横になって重力の影響をできるだけ受けないこと』
ですので、
骨盤ベルトを着けているからと
バリバリ動いてしまっては意味がありません。

注意点として1つ。
骨盤ベルトをしていることで、
余計に疼痛が増す場合や、
動きにくさや不快感がある場合は、
無理に使用せず、医師に相談したほうが良いと思います。

当サロンでは以上の考えをもとに骨盤ベルトの必要性を、
その方のお身体の状態を診て
生活環境などをうかがった上で慎重に判断させていただいています。

骨盤ベルトに限らず、腹帯・補正下着などに関しても、
どうしたらいいの?とお困りの方は
遠慮なくお尋ね下さい(^^♪

関連記事

  1. 妊娠中や産後の足のむくみを悪化する原因

    妊娠中や産後の足のむくみを悪化する原因は?簡単にできる3つの…

  2. ブログ歪みの原因について

    骨盤の歪みを予防するのは重心位置を知ること

  3. マタニティ整体

    9月限定!マタニティ整体キャンペーン♪

  4. 骨盤底筋群の解剖図

    妊娠中や産後の尿もれ原因は?尿もれを改善する簡単な方法

  5. 2019ブログ1

    産後のポッコリお腹の原因は?産後のNG &お勧めトレーニング…

  6. 産後の骨盤矯正はいつ?ブログ

    産後いつまでに骨盤矯正した方が良いのか?骨盤矯正の効果と産後…